「今夜、母と妊活します。・弐」後編

「これやぁ…お母ちゃんこれが欲しいんや…どや?気持ちええやろ…れろぉ…お母ちゃんが天国に連れてったる…」進学のため、過疎化の進む故郷の村を出ることになった主人公「一馬」。しかし、彼が生まれ育った村には、村民の血を絶やさぬため脈々と受け継がれてきたしきたり、「裏祝言」があった。実の母親を犯し、妊娠させる。その儀式を続けることで、この村は生き永らえてきたのだった。

動画を見る

動画が見れない時はこちら