泥塗の百合を君に捧ぐ。

その男には、全てがなかった。職も、金も、学歴も、恋人も。何の目的もなく、屍のように生きる。それが、その男の毎日だった。そんなある日、男は偶然、彼女と出会ってしまう。道端で肩がぶつかる、というアクシデントによって。それは―――、その男にとっては、この上なく幸福な出来事であり、その少女にとっては、この上なく不幸な出来事だった。

動画を見る

動画が見れない時はこちら