女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~

「――テオドラ様……ご子息は、重体です。極めて稀な奇病でしてな、身体中が蝕まれとりますわ」残酷な真実を告げる老医。目先には、我が息子――グランツの哀れな姿。「……何とか……ならないのか。こいつは私の、たったひとりの……」かつて世界を救った誉れも高き女戦士“テオドラ”が息子ひとり救えないなどとは滑稽な話だ。

動画を見る

動画が見れない時はこちら