黒獣 クラウディア × セレスティン 義父との関係、女神が堕ちる朝には…編 ♯4

巨大傭兵団・黒犬を率いるヴォルトは、『奉仕国家』の設立を宣言する。黒犬団たちに陵辱されるマイア。サイクロプスに犯されるルー・ルー。そして巫女衆の目の前でヴォルトらを誘い愉悦の声を上げているカグヤ。『奉仕国家』……それは、国家に属するすべての女が男に性的奉仕をするという正気を疑う内容だった。

動画を見る

動画が見れない時はこちら